合宿免許とは

合宿免許とは文字からも推測出来るように、一定期間宿泊施設にて滞在して免許取得に必要な教習を専念して受けることです。教習に関しては自動車学校が行っていて、合宿免許の募集自体は全国に点在しているため基本的には好きな場所を選んで行くことが可能です。入校から卒業までの教習スケジュールなどを押さえていてくれているので、混雑したところに予約を入れる必要がないため、大変スムーズに受けることが可能です。

また、宿泊施設ですがホテルや寮、旅館などに泊まることが一般的となっています。場所によって違うかもしれませんが、一般的には食事もついています。これから免許取得に向けて、合宿免許にするべきか教習所に通うべきか悩んでおられる方も多いと思います。合宿免許には合宿免許のメリットやデメリットがあって、教習所には教習所のメリット・デメリットがあります。特に教習所に通うこと自体は大体想像もつきますし、人から話を聞いても何となくイメージしやすいかと思います。

しかし、合宿免許に関しては教習所通いの人と比べて体験者も比較的少ない上に、話を聞いてみてもあまりピンとこないこともあるかもしれません。実は合宿免許には多くのメリットがありますし、デメリットもあります。これを機にぜひ知ってみておいても良いのではないでしょうか。そして、自身のライフスタイルや考え方に合っている方を検討してみましょう。それでは合宿免許のメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

合宿免許のデメリット

合宿免許にはメリットも多くあって魅力的なのですが、中にはデメリットもあります。まず、2週間は拘束されてしまうという点です。例えば、急にホームシックになってしまったとしても、基本的には卒業までは帰ることが出来ません。それに予定がびっしりと詰まっているので息が詰まるという人もおられる様です。宿泊所に戻っても仲間と過ごすことになりますが、人によっては家族と過ごしたいと思うかもしれません。

そして周辺には何もない合宿所が使われることが多い点には注意が必要です。よく聞く話ですが、選ぶ場所を間違えてしまうと大変なようです。周りには観光できる場所もなく交通機関が全くないので、どこにも行けずひたすら時間を潰さないといけません。当然免許を取りにきているのですから、車に乗ってドライブというわけにもいきません。せっかくわざわざ遠方まで来たのに、楽しみがなく空き時間が苦痛になるということもあるようです。

また、ほかの参加者と馬が合わないなど不満があると、合宿期間を思う存分楽しめない可能性もあるでしょう。場所にもよりますが、例えば参加者が問題のある方ばかりといったケースもあるようです。そういった人達と2週間共にしないといけないので、大変だということもあります。もしそういった人達ではなくても、メンバーによっては馴染めない場合もあるのではないでしょうか。特に人と接することが苦手という方にとっても大きなデメリットになるかもしれません。

合宿免許のメリット

合宿免許は費用を安く抑えられることが大きなメリットです。一般的に合宿免許は、教習所に通うことを考えれば費用が安いです。主な理由としては、学校側がスケジュールを組んでいるために無駄な管理費用を必要としないこと、少子化や若者の車離れなどが原因で教習生自体が少ないので、料金をリーズナブルにしてでも遠方から来てほしいことなどがあります。そして、肝心の費用については目安として20~25万円程度で済みます。教習所に通うことを考えた場合にはこれより10万円前後加算されることになる上に、合宿の場合には宿泊代・食事代・保障費用・交通費・教習費用などは全て込みになっていることからも大変お得であることが分かります。

短期間で卒業できる点も魅力です。教習所へ通う場合には、一般的に卒業まで約1ヶ月を要します。もしも混み合っているような期間に通う場合、予約が取れないため2ヶ月や3ヶ月を要する場合もあります。しかし、合宿免許の場合には全て予約をおさえてくれているので、約2週間程度で卒業出来てしまいます。つまり予約待ちをする無駄な時間が発生しないということです。

また、合宿という性質上、新しい友人が作りやすいです。免許取得という目的を共有している仲間と共に過ごす時間が多くなるので、仲間が増えます。教習所へ通う場合も仲間が出来ないことはありませんが、合宿免許の方が一緒に過ごす時間が長いのでより親密になります。男女問わず仲良くなりやすいというのも大きなメリットではないでしょうか。